遊びごころで未来をつくる プログラミング体験 ソビーゴ

NEWS

想像をカタチにできる喜びを、伝えたい。

いちばん楽しいことは何だろう。
子どもたちは、遊びの中に想像力を加えることで、
次々と新しい世界をつくります。
ルールも、法則も、そんなことは飛び越えて、
ただ、遊びの中でつくる楽しさを純粋に追い求めます。

私たちがプログラミングを通じて目指すのは、
そんな遊び心の大切さを、子どもたちに教えること。
カタチにできる手段を与えることで、
遊びの中の想像が実現できる喜びを知ってもらうこと。

プログラミングはゲームを作るためにも使えるけれど、
人を救う医療機器だって、まだ見ぬ宇宙探査機だってつくれる。
子どもたちの遊び心が、まだ見ぬ未来の世界をつくる。
そのことを大人がまず信じることが、
子どもたちの想像力の羽を伸ばすことになるのです。

さあ、ソビーゴを通じて、あそびごころで未来をつくる喜びを。

ROBOT

8才からはじめる!

こどもロボットプログラミング教材ソビーゴ RP1

  1. はじめてのプログラミングに挑戦!

    こどもパソコン「IchigoJam」に
    お願いをしてみよう。
    例)LED1とプログラミングコードをうって
      LEDランプを光らせる!

    挑戦!プログラミング!
  2. ソビーゴをつくってみよう!

    段ボールから切り取ったパーツと、
    モーターや足を組み立てて、
    ソビーゴをつくってみよう!
    完成したら、自分の好きなようにデザイン!
    個性あふれるOnly Oneのロボットを生み出そう

    ソビーゴをつくろう!
  3. Let'sプログラミング!自由自在に動かそう!

    右左に曲がったり、腕を動かしたり、
    自分がイメージした動きをプログラミングして、
    「ソビーゴ」を楽しく動かそう!

    さぁ動かそう!

こどもロボット・プログラミング カリキュラム(例)

  1. 1.IchigoJamはじめの一歩〜はじめてのプログラミング〜
  2. 2.うでを動かすしくみ〜サーボモーターを動かしてみよう〜
  3. 3.足を動かすしくみ〜IchigoJamとMapleSyrupをつないでみよう〜
  4. 4.ソビーゴを組み立てよう
  1. 5.モーターと足を組み立てよう
  2. 6.ソビーゴを前後左右に動かしてみよう
  3. 7.進んで、曲がって、手をふって、自由自在に動かそう
  4. 8.通路を進んでゴールを目指すプログラムを作ろう
教材パッケージ
  1. ①こどもロボット「ソビーゴ」
  2. ②こどもパソコン「IchigoJam」
  3. ③こどもモーターボード「MapleSyrop」
  4. ④トラック&ホイールセット/ツインモーターギヤーボックス
  5. ⑤PS/2キーボード、マイクロUSBケーブル、映像ケーブル
  6. ⑥教本
教材の特徴

株式会社ナチュラルスタイルから発売されているこども用プログラミング専用パソコン「IchigoJam」をつかって、自分の創作したこどもロボット「ソビーゴ」を自由に動かすことにチャレンジする教材です。こどもロボット「ソビーゴ」は、腕を大きく動かしたり、走ったり、回ったりすることができ、自分の創造したプログラムが楽しく再現できるつくりになっています。さらに、このロボットは段ボール製でできているため自分の手で組立、デザインするプロセスが子供たちの関与度を高め、プログラミングを主体的に学習することを助長する効果が見込めます。子供たちそれぞれの個性によるクラフトとプログラミングが、教室で楽しいコミュニケーションを生み出すことで、質の高い教育活動が実現できるパッケージに仕上げました。

教材パッケージ
2017年春発売

※こどもロボット「ソビーゴ」は、ナチュラルスタイル社が開発した「paprika」をベースとしてつくられた兄弟ロボットです。
※IchigoJamは株式会社jig.jpの商標登録です。

ROBOT

8才からはじめる!

こどもロボットプログラミング教材ソビーゴ BP1

色々な絵がかいてあるブロック

実はこのブロック1つ1つがキャラクターを動かすためのお願いになっているのです。

ブロックとアプリで遊びながら自然とプログラミング体験

  1. ブロックで遊ぶ!

    色々な絵がかいてあるブロックを
    好きなようにつなげてみよう!

    ブロックで遊ぶ!
  2. キャラクターを動かす!

    つなげたブロックと同じように
    アプリ画面でブロックをつなげてみると...
    キャラクターがお願い通り動く!

    キャラクターを動かす!
  3. 簡単プログラミング!

    プログラミングでキャラクターを動かし、
    各ステージに設定されているミッションに
    チャレンジしてみよう!

    簡単プログラミング!
  4. 自由に動かそう!

    学んだプログラミングを自由に組み合わせて、
    自分が好きなようにキャラクターを動かしてみよう!

    自由に動かそう!

こどもブロック・プログラミング カリキュラム(仮)

ソビーゴ王国の王女さまが、大魔王ウゴックにさらわれた!
ブロックに描かれた呪文(コマンド)を自分で組立てて動いたり、戦ったり、謎を解いて、王女さまを救い出そう!

ステージ内容学べる事
パート1草原ビジュアルプログラミングソフトを
さわってみよう
[プログラムの作成・実行]
命令を順番に組み立て、道をつくりそれを実行する
パート2いろんなコマンドを使ってみよう[コマンドの利用、計算、変数]
たくさんある命令から利用したいものを選ぶ
パート3プログラムしてみよう①[関数(function)]
自分でコマンドを作り、それを呼び出す
パート4プログラムしてみよう②[分岐(if 文)]
条件によっておこなう処理を変える
パート5プログラムしてみよう③[繰り返し(for 文)]
意図した回数同じ処理を繰り返す
パート6
(ソビーゴ王国)
プログラムしてみよう④[繰り返し(for 文)]
これまで学んだコマンドを組合わせて実行する

stageが進むにつれ、それまでのstageで学んだコマンド(動き)を使う。=難易度が上がる。

教材パッケージ
  1. ①オリジナル ビジュアル プログラミング ソフト
  2. ②ダイヤブロック ソビーゴdesign
  3. ③教本
教材の特徴

プログラムにおける複雑なコマンドを覚えること無く、記号化されたコマンドをデザインしたブロックを用いて、視覚的にプログラムを組み上げることができるビジュアルソフトを自社開発。子供たちが、楽しく簡単に、遊びながら、自然とプログラミングを学習できる教材です。最大の特徴は、ダイヤブロック((株)カワダ提供)とビジュアルソフトのデザイン連動。ソフト内のブロックパーツは、実際のダイヤブロックと全く同じ形にデザインされていて、リアルなブロックを用いてプログラムの組立を学習してから、PC/タブレット画面のソフトでプログラミング体験ができるため、教育者には教えやすく、子供には理解しやすい体験教材になっています。

教材パッケージ
2017年春発売

Kawada本製品に含まれるブロックは、プロジェクトに賛同頂きました株式会社カワダの
ダイヤブロックにプログラムコマンドをデザインしたものを使用しております。
diablock@KAWADA

CONTACT

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル8F
株式会社ワイズインテグレーション 教育IT・ソビーゴ事業部 TEL03-6864-1163 MAILsovigo@wise-int.co.jp